ED治療薬は市販されていません!ED薬と保険適用について

ED治療薬の、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどは市販薬ではないため薬局で購入することができません。ED治療薬は、医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。

*

ED治療薬は保険適用なの?薬局で購入できるの?

ED治療薬は保険適用なのか?について疑問を持っている人は多いです。結論としては、ED治療薬は日本国内においては適用になっていません。また、ED治療薬は、薬局で販売されていないため購入することはできません。

ED治療薬は病気自体を治す薬ではないため保険適用外

海外においてはこうした治療については保険適用になっている場合が多いのですが、先進国の中では唯一日本のみが対象外になっており厚生労働省が判断しているため適用される予定も現在のところありません。

日本国内において保険適用でない理由として挙げられることとしては、こうした薬は勃起不全を一時的に改善させることができるものの、病気自体を治す薬ではないとみられています。生活改善薬という扱いにみられるので、病院でも料金がかかってしまいやすいです。

ただ、こうしたED治療においては保険はきかないかわりに、医師の元で正規のED治療ができる薬を処方してもらうケースにおいては、診察料や再診料などが不要の場合もあります。

ED治療の第一選択肢は保険適用外のED治療薬である

1錠分を飲んで効果がすぐ実感できたという声もあります。そのため、料金がかかるといってもトータルで考えた場合そこまで重い負担がのしかかるわけではありません。手術を必要とするケースなどと比較した場合、こうした治療薬で改善することで費用も抑えられるといえます。

ただ、以前よりは理解がすすんでいるとはいえまだ現時点においては保険外診療については消極的な医療機関もみられます。
その結果、色々な原因によって性機能が不全になってしまった場合に患者に取れる手段が制限されている傾向もあります。

市販薬でないためED治療薬は薬局で販売されていない

勃起不全の治療に使用されるED治療薬は、薬局でもらうことはできません。医師の診察・処方箋が必要となるため、医療機関以外で購入することはできないのです。

薬局には薬剤師が常駐しており、医薬品全般の販売を行っています。第一類医薬品は医薬品の中でも副作用が発生しやすいため、薬剤師の許可を得ないと購入できません。

ED治療薬に関しては第一類医薬品よりも上位の処方薬に属しますから、薬剤師の判断で処方することはできないのです。
そもそも薬局では取り扱いしていないので、購入を希望する肩はED治療の専門クリニックで検査を受けてみましょう。

ED治療薬は個人輸入で購入できる

ED治療薬は、個人輸入で安く手に入れられる場合もあります。ただ、個人輸入代行業者を利用する方法は基本的に何があっても自己責任であるという原則があります。

ですので、購入するかどうかについてはよく考えるようにしましょう。また、中にはこうした個人輸入代行業者の取り扱う品の中には粗悪品が交っている場合もあります。
もしも正規の品でないものを使用すると効き目がないばかりか副作用が大きくなったりする場合もありますので注意します。

もしも、こうした薬を安く購入するのであれば、輸入代行業者の評判を確かめておく必要があるといえます。そして、不安になった場合などにおいては医師や薬剤師と相談するなどをしてそちらのほうから処方してもらうほうが確実です。
輸入代行業者を利用するときには、慎重に見極めたうえで自分に合った業者を見つけるという姿勢を持っておくようにしましょう。

飲み合わせの問題もありますから、現在服用中の薬によっては利用できないこともあります。一般的なネット通販でも取り扱いしていないので、最初は医療機関、次回からは必要に応じて個人輸入を検討するのもいいでしょう。

公開日: